• HOME
  • ツール等 開発・その他事業

ツール等 開発・その他事業

公益財団法人 資生堂社会福祉事業財団主催の児童福祉海外研修によって得た、海外の児童福祉(社会的養護家庭的養護)に関する様々な最新情報や、会員それぞれの所属する児童福祉施設現場での日々の実践から得た知識や技術を元に、子ども達のより良い育ちと児童福祉施設職員の専門性の向上に貢献するツール等の開発を行います。

「そらまめ」アプリ

児童福祉海外研修フォローアップセミナー 自立生活を始めて1年目の皆さん、そしてすでに自立生活を送っている
皆さん、毎日いかがお過ごしですか?
2013年11月に電子書籍「そらまめガイド①」基本編を公開しました。
自立生活を送っている皆さんにとって役に立つ情報はありましたか。
もし、ひとつでも。。。小さな事でも問題解決のお役に立てたなら、
とても嬉しいです。
今回は「そらまめガイド②」として、ビジネスマナー編を制作しました。
皆さんが働く上で知っておいて欲しいことをたくさん入れました。就職するとビジネスマナーはとても大切です。
イラストでわかり易く説明しているので、時間がある時に気軽に読んでみて下さい。
これから就職する皆さんにも、是非、読んで欲しいです。
そらまめガイドを見てもわからない時は、会社の上司や先輩に素直に教えて貰うことが大切です。決して恥ずかしいことではありません。
社会人としてルールを守り、いつも「感謝の気持ち」と「素直な気持ち」を忘れずに行動すれば、まわりの人が必ず応援してくれます。
さあ、自分の力を信じて前に進みましょう!

詳しくは soramame.jp.net をご覧ください。

震災復興支援プロジェクト

震災復興支援プロジェクトリーダー 側垣 一也
児童養護施設/保育園 三光事業団 総合施設長
東日本大震災から5年以上経過した今でも、まだまだ多くの被災地の方々が復興のために日々奮闘なされていることと存じます。
また、この度の熊本地震では、多くの犠牲者と甚大な被害をもたらし、今なお多くの被災者の方々が避難生活を続けています。NPO STARSもいち早く支援活動を行い熊本県内の施設に支援物資を届けました。
しかし、震災の傷跡は大きく、引き続き継続的な支援が必要とされています。

NPO STARS前身であるSTARSは、震災直後に復興活動支援委員会を設け、(公財)資生堂社会福祉事業財団様のご協力により、全国に繋がるSTARS会員から集められた義援金を、被災地の会員施設に寄贈させて頂きました。
この度、STARSはNPO STARSとして新たなスタートを踏み出し、熊本地震においても積極的に支援していきます。
児童福祉海外研修フォローアップセミナー 被災地熊本県を中心とした現況を、NPO STARSの仲間にレポートしてもらい、現状及び今後の課題を検討し、会員と共有し、今後の継続した支援の方策を検討します。 特に、被災地の子どもたちの現状について考えています。 義援金の募集のための口座を継続して管理し、現在も送られる義援金のまとめを行い、今後の支援に役立てるようにします。

熊本地震の見舞金・支援金募金のお願い

image NPO STARSは資生堂児童福祉海外研修の修了者が集い、日本児童福祉界の進歩に向けて切磋琢磨し、将来は当該分野のシンクタンクを目指そうとする集団です
膨大な犠牲者と、被災者を生んだこのたびの熊本地震に向け、メンバーの多くから「NPO STARSも何かお役に立ちたい」との声が挙がり、 STARSと資生堂財団が連携して以下の通り「見舞い金・義援金」を募る事としました。ひとりでも多くの方々の温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。
※右の画像をクリックすると、ポスターをダウンロードできます。印刷してご利用ください。

公益財団法人 資生堂社会福祉事業財団
理事長 大矢 和子

NPO STARS
代表理事 太田 一平 

同窓会スターズ
会長 中山 正雄

児童福祉海外研修フォローアップセミナー

見舞い金・義援金振込み口座

☛ ゆうちょ銀行からのお振込み
   口座記号番号 :
   00180-1-764594
   口座加入者名 :
   公益財団法人 資生堂社会福祉事業財団
☛ ゆうちょ銀行以外の銀行からのお振込み
   銀行名 : ゆうちょ銀行
   店番号 : 0一九(ゼロイチキュウ)店
   口座番号 : 当座預金 0764594
   口座名 : 公益財団法人 資生堂社会福祉事業財団

活動・贈呈の様子

みなさまからお預かりした支援金を、熊本の被災地域で活動する団体へ贈呈いたしました。
震災発生から半年が過ぎています。NPO STARSは、これからも被災地の会員から現地の最新の情報を集め、現状及び課題を検討し、その時々に必要となる支援の方策について、特に被災地の子どもたちの現状に主眼を置きながら検討していきます。
今後も、みなさまの変わらぬご支援をお願いいたします。
→熊本震災復興支援プロジェクト活動報告
全社協 茨城 臨海学園

☆左記の画像は、東日本大震災時の支援金の受け渡しの様
子です。           

お問い合わせ セミナー申し込み